8日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、

1対12で巨人が小笠原選手の2ホームランなどで打線が爆発し

2連勝で勝率を5割に戻し横浜戦勝ち越しを決めた。

試合は横浜先発工藤投手、巨人先発福田投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手の2ランで先制すると、

3回に1点、4回には6番アルフォンゾのホームラン、

5回には3番小笠原選手のホームラン、

8番坂本選手の2ランで大量4点を上げて試合を決めた。

投げては先発福田投手が5回に1失点をしたものの、

余裕の継投で逃げ切り圧勝で巨人は勝率を5割に戻した。

これで巨人はわずか2日で5割に戻し打線にも

エンジンが掛かってきた。

左の工藤投手が先発という事で打線を大幅にチェンジした

巨人打線はものの見事にこのチェンジが成功した。

特に左打者に弱いというデータを確り活かした

原監督は1番に好調鈴木選手を起用し、

これが4安打の大当たり、

これで確り1番が出塁した事で打線の流れがよくなった。

1番亀井選手、5番李が不調とみるや控えの谷選手、

アルフォンゾを起用し、これが見事に的中と采配も冴えた試合だった。

これだけ大量得点を上げれば投手陣は余裕の継投ができるので

福田投手も2年ぶりの勝利を上げた。

阪神戦を前に確り5割に戻して貯金をしてから挑みたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。