7日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行なわれ、

1対5で巨人が5回の集中打で試合を決めて今季初勝利を上げた。

試合は横浜先発寺原投手、巨人先発尚成投手の投げ合いで始まり、

4回に巨人が4番ラミレスのタイムリー2ベースで1点を先制すると、

5回に3番小笠原選手、4番ラミレス、6番阿部捕手のタイムリーで

一挙4点を上げて試合は完全に巨人のペースで進む。

6回に1点を失ったものの、巨人はその後2番手豊田投手、

3番手マイケル、最後は抑えのクルーンが抑え巨人は今季初勝利を上げた。

これで巨人は開幕からの連敗を2で止めて今季のスタートを切った。

開幕戦でまさかの連敗スタートとなった巨人だったが、

ここで最下位候補の横浜と対戦できた事は巨人にとっても

ラッキーな組み合わせだった。

打線そのものが不調ではないし、投手陣も負けた敗因は

確り把握している中だっただけに年間通すと

そういう試合が続くものだし、

確りした戦いを展開すれば今季の巨人は確り逃げ切れる事を

4試合目で形となって現れた。

1,2番が確り出塁してチャンスメークをする事で

3,4番が確り期待に応えた打線、

リードして100セーブトリオの盤石リレーは理想的な展開だし、

リードすればまず逃げ切れる。

この調子で今週中に負け越した分を確り取り戻して起きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。