4日東京ドームで巨人対広島戦が行なわれ、

3対5で広島がセットアッパーマイケルの乱調を付け込み

4番栗原選手の逆転3ランで逆転勝ちを納めた。

試合は巨人先発内海投手、広島先発前田投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人は5番李、6番阿部捕手のホームランで2点を先制する。

広島も6回に1番赤松選手のホームランで1点差にする。

このまま巨人の逃げ切りと思われた

8回に今季から巨人に移籍したマイケルが四死球でピンチを広げ、

4番栗原選手に甘く入ったスライダーを打たれ逆転を許し、

5番シーボルにも一発を浴びる。

巨人はその裏4番ラミレスのタイムリーで1点を返すが、

最後は広島抑えの永川投手に抑えられ巨人は開幕2連敗となった。

これで巨人はまさかの展開で開幕カード2年連続負け越しとなった。
誰もがこのまま逃げ切りと思った試合だったと思う。

采配ミスでもない試合で連敗という事で

この試合展開は予定通りの継投を行なった結果負けた試合だった。

広島先発前田投手の好投に巨人は2回に2点を奪った事で主導権を握り、

内海投手も7回途中まで1失点に抑え、

捕まりかけたところで豊田投手が確り抑えた。

7回裏の攻撃で阿部捕手が走塁ミスで牽制アウトになるなど

拙い攻めが流れを変えたと言ってしまえばそれまでだが、

それでも8回からマイケルを投入し逃げ切れると誰もが感じたはずだ。

それが2アウトから四死球2つで4番栗原選手に打たれてしまった。

この試合の敗因を上げるなら阿部捕手の走塁ミスと

マイケルとの連携不足が敗因だろう。

WBCの後遺症が予想外の形で出たが、

WBCに出場していた事で阿部捕手は

殆どマイケルの特徴をわからないままリードをしてしまった。

昨日のゲームでは登板した投手は全て昨シーズンに

リードした投手だったので問題なかったが、

新加入のマイケルだけはマイケルの特徴を把握しないままに

リードしてしまった事で広島打線に捕まってしまった。

采配ミスではなく、新戦力との連携不足が招いた敗戦だった。

思わぬ開幕連敗となったが、

マイケルもこのような投球をする投手じゃないので

阿部捕手との連携を確りすれば次は確り抑えてくれるはずだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。