2009パシフィックリーグは昨年同様戦国模様に

なりそうなぐらい予想が難しいです。

WBCの主力になった選手の多くは

パシフィックリーグに在籍しているだけに

こちらはどの球場もWBCの英雄に注目したいところですね。

それではパシフィックリーグの順位予想をしようと思います。
順位予想

1位埼玉西武

2位オリックス

3位北海道日本ハム

4位東北楽天

5位福岡ソフトバンク

6位千葉ロッテ

投打のバランスではやはり埼玉西武が打撃陣では

片岡、中島選手を中心にした打線は健在、

投手陣も先発の涌井、西口、岸、石井投手、

抑えのグラマン、小野寺らと1番死角が少ないチームなので

打撃陣が昨年並みなら1位は堅いと思います。

2位のオリックスは日本人扱いのローズを含め

4人のカブレラ、ラロッカ、フェルナンデスと

外国人野手を使える強みがあるので打撃力を軸に

2位をキープしそうです。

投手陣は昨年成長した小松投手に抑えも

ある程度揃っているので大石監督の手腕で2位を確保しそうです。

3位は北海道にしましたが、北海道の不安は

抑えのマイケルがいなくなった事ですね。

この穴さえ埋まれば間違いなく3位以上はキープできる

投手陣を持っているだけに抑えが課題となります。

4位は岩隈投手、田中投手がWBCで

活躍した東北楽天にしましたが、

問題はそれ以外の投手陣がこのチーム最大の課題といえます。

抑えに救世主が登場すれば3位も狙えるだけに

打撃陣より投手陣の問題になるでしょう。

5位は福岡にしましたが、

先発は杉内投手、和田投手、抑えに馬原投手と揃っており、

野手陣もそれなりに揃っていますが、打撃陣は高齢化が進み、

世代交代が今季最大の課題になるチームだけに

カギは打撃陣が握っているでしょう。

6位は千葉ロッテにしましたが、

正直千葉ロッテは今季限りとなる

バレンタイン監督の下で本当に纏まるのか

纏まらないのかがカギを握ります。

纏まれば間違いなくクライマックスシリーズに

進出できる力はありますが、

如何せん抑え不在という決定的な弱点を抱えており、

ここをどう編成するかで4位以下に

甘んじる可能性が大きいと思います。

1番順位予想が難しいパシフィックリーグですが

最後まで順位から目が離せない試合が

展開されそうなので是非球場に

多くのファンが足を運んでほしいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。