いよいよ開幕直前という事で毎年恒例の順位予想をしようと思います。

WBCの余韻の冷めない中での開幕だけに

多くの方々に球場へ足を運んでほしいところです。

それではセントラルリーグの順位予想からいきます。

セントラルリーグは昨年は巨人の大逆転優勝で幕が下りましたが、

今季も巨人中心に回りそうです。

順位予想

1位 巨人

2位 阪神

3位 中日

4位 広島

5位 東京ヤクルト

6位 横浜

1位はやはりどう考えても巨大戦力にWBCで見事な采配をした

原監督率いる巨人で間違いないと思います。

上原投手、二岡選手がいなくなり、

由伸選手が開幕を外れてしまったものの

今季の巨人はマイケルの獲得で抑えに困る事は一切ありませんし、

先発も内海投手、グライシンガーらを軸に数多くの先発投手がいるので

投手陣もほぼ安泰、野手陣も小笠原、ラミレスを軸にした

打撃陣はリーグ屈指と死角なしという感じです。

阪神は昨シーズンの戦力からそれほど大きく変わらないものの

野手陣の高齢化、投手陣の編成もあり

巨人と大差になるけれど2位を確保しそうです。

中日はWBCに誰も出場しなかったものの

今季は投手陣は川上投手、野手はウッズ、中村選手が

いなくなり大幅な戦力ダウンは避けられず、

打撃陣は今季繋ぎの打線に、投手陣は中継ぎ重視になるでしょう。

広島は総合的に野手と投手陣のバランスが良いものの、

決定的な戦力がなく、台風の目になる可能性はあるものの

クライマックスシリーズへ進出できるかどうかだと思います。

東京ヤクルトは昨年からの課題である打撃陣が充実しない限り

上位進出はないでしょうね。

投手陣は先発、抑えと揃っているものの

上位進出には打撃陣次第となりそうです。

横浜は何といっても打撃陣では

主砲村田選手の離脱がいたいところです。

そして投手陣も先発、抑えが不在な状況に変わりなく、

今季も最下位候補筆頭という感じです。

という感じでリーグ戦ではこのような流れになりそうですが、

クライマックスシリーズも順位通りになるとは

限らないので本当の勝負は

クライマックスシリーズまで目が離せませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。