ブログネタ
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) に参加中!
19日(日本時間20日)

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)

2次ラウンド1組1位決定戦日本対韓国戦が行なわれ、

6対2日本が韓国投手陣を攻略し1位で通過しアメリカとの決戦に挑む。

試合は日本先発内海投手、韓国先発張ウォン三の投げ合いで始まり、

初回に韓国が3番金賢洙のタイムリーで先制を許すが、

2回に日本が6番内川選手のホームランで同点に追いつくと、

2死1,3塁から9番片岡選手のタイムリーで逆転に成功する。

その後先発内海投手、2番手小松投手が抑えて迎えた

7回に日本は無死1,2塁のチャンスにイチローがセンターフライ、

2番中島選手が併殺打でチャンスを潰すと、

その裏韓国に3番手田中投手が6番李机浩のホームランを打たれ

同点に追いつかれる。

しかし日本は8回にこの回先頭の3番青木選手の

セーフティバントで出塁すると、

代打稲葉選手のヒットでチャンスを拡大し、

代打小笠原選手の勝ち越しタイムリーで勝ち越しに成功すると、

6番に入っていた亀井選手が送りバントを決めて、

1死2,3塁から7番岩村選手の2点タイムリーで

流れは完全に日本に傾いた。

9回には1番イチローの2ベースから

3番青木選手のタイムリーで駄目押しして、

最後は抑えの藤川投手が抑えて日本は1位で第2ラウンドを通過した。

これで日本は22日(日本時間23日)に

前回疑惑の判定で敗れたアメリカにリベンジする事になった。
4度目となった対韓国戦は見事に打線が韓国投手陣を

攻略して1位通過を決めた。

日本も当初はここまで登板機会が殆どなかった内海投手を先発させ、

2番手に小松投手と起用している投手を考えたら

最悪負けてもよしという感じで投手リレーを続け

終盤で準決勝への調整登板という位置づけで

リリーフ陣を登板させたという感じでもあったけれど、

やはり3度も敗れる訳には行かないだけに

終盤打線が原監督のエンドランなどの采配が見事に決まり、

積極的な代打策で韓国投手陣を攻略した。

ただ村田選手が4回の走塁時に右太もも裏を傷めて

準決勝に出場できなくなるアクシデント発生という事もあり、

主軸を失う事態になった。

ただこのメンバーは元々アベレージヒッター中心に

構成されているので村田選手が離脱しても

打線構成には大きな影響はそれほどないし、

好調の城島捕手を4,5番で起用する事もできる。

サードに川崎選手か小笠原選手を起用する事になるかもしれないが、

守備面では大きな影響は少ない。

この試合ではリーグ戦で殆どサードを守った事のない

片岡選手がサードに起用する采配があったけれど、

このオプションは緊急事態以外は避けてほしい。

準決勝では1つのミスが命取りになり、

前回の北京でもそれで落とした経緯がある。

サードは守備経験ある選手を起用しなければならない。

ここは確り釘を刺したい。

さて国民としては月曜日の朝となり

観れない人が多いのでガックリだが、

今のアメリカの不調を考えたら強敵であることに変わりないけれど、

前回大会での疑惑の判定で敗れたリベンジの場としては

最高の舞台がここに整った。

松坂投手もMLBで屈指の強打者と対戦しているので

アメリカ打線に怯む事はないと思うし、

日本も確り守って打線が繋いでいければ十分勝機がある。

アメリカは第1、2ラウンドで3敗を屈しているし、

何より崖っぷちで何とか準決勝へ進出した状態とベストではない。

世界一になるためには避けて通れない相手だけに

ここで前回大会のリベンジで決勝を目指そう!

決勝は是非ベネズエラとの対戦を希望する

というより是非ベネズエラが決勝に進出してほしい。

全ては世界一の為に!

決戦の時はついに来た!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡 [DVD]2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表 栄光への軌跡 [DVD]
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006-05-31
おすすめ度:3.5
クチコミを見る



2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 公式記録DVD(限定版)2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 公式記録DVD(限定版)
著者:スポーツ≪5 000枚限定≫
販売元:デジタルサイト
発売日:2006-12-08
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 公式記録DVD(通常版)2006 WORLD BASEBALL CLASSIC 公式記録DVD(通常版)
著者:スポーツ
販売元:デジタルサイト
発売日:2006-12-08
おすすめ度:4.0
クチコミを見る