6日第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)

日本ラウンド韓国対台湾戦が東京ドームで行なわれ

9対0で韓国が初回の6点の猛攻で圧勝した。

韓国は初回に6点を先制すると、5回、6回にも追加点を上げた。

守っても台湾打線に失点を許さず完封勝ちで勝者ステージへ駒を進めた。

これで日本は韓国と対戦する事になった。
予想通り勝ち進んできた韓国だけれど、

実際に壮行試合の結果を観る限り韓国も決して

調子が良かったわけじゃなく、

この試合の結果=調子が良いという事にはならない。

しかし投手陣はそれなりに仕上がっているので注意が必要だ。

日本は松坂投手が先発するが先取点を与えないで

次に繋げるかがポイントになる。

打線はイチローが調子を戻せるかがポイントだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。