15日大河ドラマ「天地人」第7話を視聴した。

今回は謹慎を言い渡された兼続は上田庄へ戻り己を見つめ直していた。

一方上杉軍は北条軍が動き出したという事で

越後に引き返し関東へ出兵し北条軍を見事に討伐した。

その頃直江景綱は病の床に伏し、

謙信に兼続を頼むと言い残しこの世を去った。

兼続の身にも訃報が届き、母のお藤が危篤となり、

駆けつけたのを見届けてこの世を去った。

2人の死に兼続は改めて己の目指すものを

はっきりさせたシーンがメインだった。
ストーリー

上杉謙信に蟄居(ちっきょ)を命じられた

兼続は、故郷・上田庄の雲洞庵にこもり、自らを見つめていた。

そこに弟の与七が訪ねて来て、

母・お藤の容態がよくないことを伝える。

家に帰るよう説得する与七に、兼続は勝手な真似はできないと拒む。

その頃、北条氏政が関東の上杉方の諸城の攻略を再開。

上杉軍は七尾城攻めを中止し、春日山へ取って返す。

直江景綱は戦に参加できないことを謙信にわびるが、

謙信は景綱こそ第一の家臣とねぎらう。三日後、景綱が亡くなる。

北条を抑えた謙信は、再び七尾城を攻め、

お船の夫で直江家の跡取りとなった直江信綱も参戦する。

一方、兼続のもとに、母の危篤の知らせが届く。

意地を張り帰ろうとしない兼続に、

北高全祝は「己の真を見つめ、それに従え」と叱咤(しった)。

急ぎ家へ戻る兼続。兼続の顔を見たお藤は静かに息を引き取る。

自らの親不孝を責める兼続に、全祝は強くなれと諭す。

そして、お藤の四十九日法要の日、

参列したお船を送った兼続は、紅葉の木を見て、

「紅葉のように(人のために尽くす)家臣になりなさい」

という母の言葉を思い出し、

二度と涙は見せまいと心に誓うのだった。

以上NHK天地人HPより


今回は1577年1月上杉軍が七尾城を

包囲しているところから始まった。

この頃の上杉軍は関東の北条軍の侵攻に際し

何時も注意深く動かなければならず、

越後を留守にするのも簡単な事じゃなかった。

ゆえに何度か北陸遠征中に越後に引き返している。

その間の兼続だが、上田庄の雲洞庵にこもり己を見つめ直していた。

確かに初陣として1人も切れないようでは

武将として話にならないし、

この世を生き抜くためには1度見つめ直した方がよいという事だろう。

その間に兼続は2人の人物を失う事になる。

1人は直江景綱、上杉家の政治面で大きく支えた武将であり、

政治面は宇佐美定満亡き後手腕を大きく握っていた人物でもあった。

その人物だからこそ兼続の才能を見抜いていた1人だった。

景綱は謙信に兼続の事を託してこの世を去った。

そして兼続にとって忘れられない死となる母お藤の死、

元々体が良くなく、兼続が幼少期以降に体調を崩していたが、

早過ぎる死に最期を看取る事はできた。

この死が兼続に大きく左右する事になるのだが、

やはり何かの死に直面して初めて成長する事もあるだけに、

この死でこれから激動の時代を動く予兆を感じさせた。

そして再び上杉軍は能登に戻り七尾城を攻略し

いよいよ織田軍との対決になる。

柴田勝家率いる織田軍に対してどのように戦うのかは次回になるが、

最後に兼続はお船にもう泣かないと告げて、

お船はもう少し早ければ景綱は私を兼続に嫁がせたでしょう

と告げるのだが、まさかこの時本当にそうなるとは

3年後に知るのだった。

2人の死によって上杉家も兼続も激動の渦に飲み込まれていくけれど、

前回もそうだったが、大河ドラマの予算が厳しいとは思うが、

ハイビジョン放送をしているのだから

CGで背景を入れるなどの工夫ができないものだろうか・・・

あまりにもスタジオ撮影だとわかる演出には

少し予算が心配になってくる。

篤姫の時はスタジオ撮影が多く一度セットを作れば何度も使えたが、

今回は戦のシーンも多く予算が厳しいのだろう。

それだからこそCGをもう少し活用しては

と思うのは私だけだろうか・・・

という事で次回は謙信の死が目前に迫っているところから始まる。

果たして謙信は景勝に兼続に何を伝えようとしたのか?

その遺言に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ←ブログランキングに参加しております。

天地人〈上〉天の巻天地人〈上〉天の巻
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-11
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



天地人〈中〉地の巻天地人〈中〉地の巻
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-11
クチコミを見る



天地人〈下〉人の巻天地人〈下〉人の巻
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-11
おすすめ度:3.0
クチコミを見る



天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-12
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)天地人 (NHKシリーズ NHK大河ドラマ歴史ハンドブック)
販売元:日本放送出版協会
発売日:2008-12
クチコミを見る



天地人〈上〉天地人〈上〉
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2006-09
おすすめ度:2.5
クチコミを見る



天地人〈下〉天地人〈下〉
著者:火坂 雅志
販売元:日本放送出版協会
発売日:2006-09
おすすめ度:3.5
クチコミを見る



NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラックNHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:大島ミチル
販売元:SMJ(SME)(M)
発売日:2009-02-18
おすすめ度:3.5
クチコミを見る