13日クラブW杯トヨタカップ2008準々決勝

アフリカ王者アルアハリ対北中米王者パチューカの

試合が国立競技場で行われ、

2対4でクラブW杯方式になってから初の延長戦に突入し、

北中米王者パチューカが2点のビハインドから

大逆転勝利で準決勝進出を決めた。

試合は前半から北中米王者パチューカが

圧倒的に試合を支配し何度もアフリカ王者アルアハリゴールを脅かす。

しかし先制したのはアルアハリ!

前半28分FWアブトレイカが折り返すクロスが

DFに当たりオウンゴールで先制すると

前半終了間際アルアハリはカウンターから

FWフラビオが決めて前半を2対0で折り返す。

後半になるとパチューカが2人選手を入れ替えて

守備時には3バックから4バック気味にした事で状況が一変し、

後半2分にFKからMFモンテスのキックが

そのまま入り1点差とするとその後は

終始パチューカが試合を支配し後半28分FKのチャンスを

FWヒメネスが直接FKで決めて同点に追いつく。

試合は90分で決着がつかずクラブW杯方式となってからは

初の延長戦に突入し、延長前半8分にパチューカが

前線からのプレスでチャンスを掴み

FWアルバレスが逆転ゴールを決めて勝ち越すと、

延長後半5分にFWヒメネスが決めてパチューカが

大逆転勝利で準決勝進出を決めた。

これでパチューカは準決勝で南米王者LDUキトと対戦する。
アフリカ王者アルアハリ、北中米王者パチューカの試合は

世界一を争うに相応しい試合を展開した。

前半はアルアハリのカウンターから失点したパチューカは

後半システムを修正した事でカウンターを防ぎ

持ち前の個人技とパス回しでアルアハリを翻弄し続ける展開となり

アルアハリを追い詰めていった。

パチューカは昨年屈辱的な1回戦敗退という結果となっただけに

パチューカは見事にリベンジを果たした格好だ。

とにかく両チームのサッカーが実にわかり易いサッカーをしていた。

アルアハリはカウンターから得点を狙うサッカーを展開すれば、

パチューカはパス回しで支配率を高く維持するサッカーを展開し、

守備面もアルアハリはゴール前を確り固めるゾーンディフェンスだったが、

パチューカは前線から積極的に守備をするプレスディフェンスを展開、

前半こそ3バックのスイーパーシステムが裏目に出て

後半からは3バックだが守備時はボランチがCBに下がって

4バックで対応しサイドから破られる事を回避した。

確り弱点を埋めながら攻撃を展開するサッカーは実に見事だった。

後半からは完全にパチューカの独壇場・・・

このサッカーを展開するなら南米王者に勝利する可能性を

十分に感じさせるだけのサッカーなので

今年は波乱が予想されるのも頷ける。

延長戦を戦っただけに1日休養して

水曜日の試合に備える事になるパチューカが

番狂わせを起こせるか?

準決勝に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

コンプリート トヨタカップ The 1st~The 25th [DVD]コンプリート トヨタカップ The 1st~The 25th [DVD]
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005-06-24
クチコミを見る




TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007 総集編 [DVD]TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン2007 総集編 [DVD]
出演:スポーツ
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2008-03-05
クチコミを見る