23日セントラルリーグクライマックスシリーズ2008

第2ステージ第2戦巨人対中日戦が東京ドームで行われ、

11対2で巨人が小笠原選手の2打席連続ホームランで圧勝し

対戦成績を2勝1敗とした。

試合は巨人先発上原投手、中日先発朝倉投手の投げあいで始まり、

初回に中日が3番森野選手のホームランで先制するが、

その裏巨人は3番小笠原選手の2ランで逆転すると、

2回にも3番小笠原選手のグランドスラムで

中日先発朝倉投手をKOした。

4回にも巨人は4番ラミレスの2ランで引き離し

先発上原投手を楽にした。

先発上原投手は8回を2失点で抑えて第2戦を制した。

これで巨人は対戦成績を2勝1敗と先行しCSの連敗を4で止めた。
巨人のお家芸が炸裂した第2戦だった。

第1戦は自分の野球ではなくよそ行きの野球でリズムを崩したが、

第2戦では本来の空中戦が炸裂し中日を序盤から引き離した。

巨人の場合は中日のようにクリーンナップまで

バントさせる器用さがないし、

シーズン中もそのような野球をしていないのだから

自分たちの野球を導けばいい。

という事で第3戦でも自分たちの野球をしてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

優勝 読売ジャイアンツ2008 奇跡の逆転V!伝説を作ったG戦士たち
優勝 読売ジャイアンツ2008 奇跡の逆転V!伝説を作ったG戦士たち