20日セントラルリーグクライマックスシリーズ2008

第1ステージ第3戦阪神対中日戦が京セラドームで行われ、

0対2で中日4番ウッズが阪神抑えの藤川投手から

2ランを放って阪神を沈め2年連続第2ステージ進出を果たした。

試合は阪神先発岩田投手、中日先発吉見投手の投げあいで始まり、

初回から両投手とも得点を許さず

8回に阪神が2死3塁のチャンスを掴むが、

1本が出ず9回に中日は阪神抑えの藤川投手を攻めて、

4番ウッズがフルカウントから特大の2ランホームランで

大きな2点のリードを奪い、

最後は抑えの岩瀬投手が確り抑えて

2年連続第2ステージ進出を決めた。

これで中日ドラゴンズは22日からの第2ステージで

巨人と戦い3位からの逆レジェンドを目指して戦う。
最後はポストシーズンの経験の差が大きく出た3戦目だった。

1点を取った方がほぼ第2ステージ進出という感じだった

第3戦は両チームとも殆どチャンスらしいチャンスのないまま

8回まで進んだ。

阪神は8回裏に2死3塁のチャンスで凡退したのに対して、

中日は9回表に2死3塁から4番ウッズの2ラン

という対照的な結果が明暗を分けた。

シーズンでは阪神が中日を圧倒したが、

逆転優勝をさらわれたショックと岡田監督辞任で

チームが混乱した事がリーグ戦前半の強さを出せずじまいで終わった。

これで岡田阪神の5年間が終わったわけだけれど、

この5年間の阪神は過去10数年の阪神ではなく

常に優勝争いを演じるチームとして戦った。

これもJFKの構築がもたらしたものだけれど、

リリーフ陣の重要性を解いた事は正しかったが、

接戦で勝てるチーム作りには欠けた部分があった。

短期決戦ほど接戦に対する戦い方が重要だという事を

次の次期監督が活かす事ができるのか?阪神の来季に注目だ。

そして中日は2年連続第2ステージ進出で

こちらは昨シーズン3タテして短期決戦での戦い方を示した

中日だけに巨人は相当苦戦する事になるだろう。

巨人はリーグ戦でレジェンドを通過したが

まだ達成したわけじゃない。

逆レジェンドを食らう可能性もあり、油断できない。

巨大戦力の巨人か?

試合巧者で投手力の中日か?

22日からの戦いに注目だ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

ドラゴンズ検定
ドラゴンズ検定


中日ドラゴンズ伝説 (OAK MOOK 208)
中日ドラゴンズ伝説 (OAK MOOK 208)


燃えよドラゴンズ!2008
燃えよドラゴンズ!2008


中日ドラゴンズ 選手別応援歌 2008
中日ドラゴンズ 選手別応援歌 2008


中日ドラゴンズ日本一記念盤 感動の軌跡 2007
中日ドラゴンズ日本一記念盤 感動の軌跡 2007


日本シリーズ優勝 ドラゴンズ2007 ~日本一の軌跡~
日本シリーズ優勝 ドラゴンズ2007 ~日本一の軌跡~