19日セントラルリーグクライマックスシリーズ2008

第1ステージ第2戦阪神対中日戦が京セラドームで行われ、

7対3で阪神が鳥谷選手の2本のホームランとJFKの必勝リレーで

ポストシーズンの連敗を7で止めて第2ステージ進出に逆王手を掛けた。

試合は阪神先発下柳投手、中日先発チェンの投げ合いで始まり、

初回に阪神が4番金本選手のタイムリーで先制すると、

5番鳥谷選手の3ランで4点をリードする。

中日は2回に7番井端選手のタイムリーで1点を返し、

6回にも3番森野選手のホームランで1点を返したが、

その裏阪神は5番鳥谷選手のホームランなど3点を追加し、

ここから阪神は3番手ウイリアムス、4番手久保田投手、

最後は抑えの藤川投手のJFKのリレーで逃げ切り

1勝1敗のタイに持ち込んだ。

これで阪神は崖っぷちで踏ん張り第3戦で第2ステージ進出を掛ける。
ようやくポストシーズンで阪神らしい勝ち方をみた。

思えば岡田阪神になってからポストシーズンは

ここまで7連敗と1勝もできていなかっただけに、

8連敗で岡田阪神の終戦は回避した。

ポストシーズンに勝てない監督というレッテルは

次監督の再登板時にネックとなるだけに

最低でも第2ステージ進出をして辞任したいところだろう。

これで1勝1敗の5分となった

第1ステージは第3戦に両チームとも全てを掛ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

2005阪神タイガース公式優勝記念DVD ~70th Tigers新しい伝説の始まり~
2005阪神タイガース公式優勝記念DVD ~70th Tigers新しい伝説の始まり~