28日ナゴヤドームに中日対巨人戦が行われ、

1対0で中日が荒木選手のホームランを守り切り巨人は2位に後退した。

試合は中日先発チェン、巨人先発上原投手の投げあいで始まり、

初回に巨人は3番小笠原選手の死球で負傷退場すると

2回以降攻撃の軸を失い、

4回に巨人は9番上原投手のセンター前ヒットで

2塁走者阿部捕手がホームを狙うが刺され、

中日も反撃のチャンスを潰して迎えた8回

中日は2番荒木選手のホームランで勝ち越すと

最後は抑えの岩瀬投手に抑えられ逃げ切られた。

これで巨人は2位に転落し

クライマックスシリーズに不安を残す結果となった。
1位を逃すと厳しい戦いが待ち受けている事を思い知る戦いとなった。

現在3位争いは中日と広島のデットヒートが繰り広げられているけれど、

巨人にとってはどちらも負け越しが決定している相手だけに

広島の場合はビジター広島市民球場より広い東京ドームの戦いで

不利になる可能性があるし、

中日も投手戦になるとやはり苦しい戦いを強いられる事を

この試合で感じる結果となった。

確かに打線が機能している時は良いんだけれど、

打線が突然止まってしまった時の巨人は

前半戦のチグハグな打線に戻ってしまう。

そうなると1点を取るのが上手い中日と広島に

短期決戦は分があるだけに圧倒しておきたかったのが本音だろう。

投手戦になった時どうやって戦うのか?

これが短期決戦の課題だけに巨人としたら

1点を確実に取る野球がこれから求められるが、

大味な野球を展開している巨人にとって

これが実に難しい課題でもある。

ある意味2位通過だと苦しい戦いが

待っている事だけはハッキリしただけ収穫だろう。

残り試合はクライマックスシリーズへの前哨戦だけに

自分たちの戦い方を確り見つめて戦ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。