22日広島市民球場で広島対巨人戦が行われ、

1対9で巨人が小笠原、ラミレスの

アベックホームランで圧勝しCS進出を決めた。

試合は広島先発大竹投手、

巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスの2ランで2点を先制すると、

3回には3番小笠原選手の2ランで2点を追加し、

4回には1番亀井選手のタイムリー追加点を上げた。

広島も5回に8番小窪選手のホームランで1点を返したが、

先発尚成投手はこの1点に抑え、

巨人は6,7回に4点を上げて試合を決めた。

これで巨人は19年ぶりの11連勝で

CS進出を決めて阪神との首位争いを

10月まで続けていく事になった。
ひとまずCS進出を決めた事で

日本シリーズ出場権への挑戦権を手にしたけれど、

日本一へのスタートラインに今日立ったと思った方が良いだろう。

そして19年ぶりの11連勝という事で

藤田監督2次政権時代以来となる訳だが、

あの時の巨人は先発完投当たり前で

斎藤、桑田、槙原の3本柱で年間70以上の完投をした年だった。

その時代の印象が強過ぎるために

多くのオールドファンは先発完投に

拘る傾向が残っているんだけれど、

今の時代は年間10の完投があれば良い方だから

7イニングが今の先発の目安だ。

それはさておきこれだけ脅威の打線爆発が

続いている事で大味な試合が続いている。

幸い投手陣は少ない失点で抑えているのは好材料だが、

打線がこのままの勢いで10月に突入するとは私は考え難い。

ここはとりあえず今日でリーグ戦はゴールした。

問題はこれからのCSだ。

1位で入るか2位で入るかは別にして

リーグ優勝して満足した巨人が昨シーズンあった。

今年はここからが日本シリーズへのスタートだ。

日本シリーズの次はアジアシリーズが待っている。

今日で11連勝は終わった。

明日から別の戦いのスタートと考え

連勝のスタートとしてほしい。

真の戦いはここからだ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。