19日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、

6対4で巨人が坂本選手の3打点の活躍で勝利し

阪神との初戦を制し2ゲーム差に急接近した。

試合は巨人先発グライシンガー、

阪神先発安藤投手の投げあいで始まり、

2回に巨人が8番坂本選手のタイムリー3ベースで先制すると、

4回にも8番坂本選手の2点タイムリー2ベースで

3点をリードする。

阪神は5回に代打葛城選手の犠牲フライで1点を返すが、

その裏巨人は1番鈴木選手のホームランで突き放す。

しかし6回に阪神は6番関本選手、

7番林のタイムリーで1点差に迫るが

巨人は7回に3番小笠原選手の2ランで試合を決定的にした。

投げては先発グライシンガーが7回3失点で抑え、

2番手越智投手が3番今岡選手にホームランを浴びるが、

3番手山口投手が後続を抑え、

最後は抑えのクルーンが締めて天王山初戦を制した。

これで巨人は大事な初戦を取り阪神との

ゲーム差なしまであと2勝と迫った。
クリーンナップが序盤で抑えられたが下位打線で

チャンスを作りそして得点を上げた事で

優位に試合を進める事ができた。

今の巨人はクリーンナップが抑えられても

下位打線で得点を取れる強みがある。

前半戦では打線が噛合わずに先制できない試合が続いたが、

噛合ってからは先取点を早い段階で取る事で

先発陣が優位な状況で投げる事ができる。

先発投手は先取点を早い段階で取ってもらうと

投球の幅を広げる事ができる。

今季の巨人は守備面でマイナス要素が強いだけに

先取点を取れないと先発投手の投球幅が狭まってしまっていた。

打撃優先である以上早い段階での先取点が

より求められる訳でもある。

そうなれば当然先発投手のイニング数は伸びるし、

中継ぎ陣の負担も減る。

当然リードした段階で守備固めをする事ができる。

阪神も前半戦では先取点を取り、

JFKで逃げ切るパターンが続いたが、

JFKの不調と離脱と共に打線も先取点を取れなくなり

後手に回るケースが目立った。

これで阪神と並ぶまであと2勝となったが、

昨シーズンもこの時期に阪神が

10連勝をして並んだ事を思い出すが、

例え並んだとしてもその後の戦いがもっと大事になる。

連勝の反動をいかに少なくするかも大事だ。

目の前の阪神よりも自分たちの戦いを導き通してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。