8日日本相撲協会は大麻問題で渦中にあった

ロシア出身の幕内露鵬と十両白露山を解雇すると共に、

北の湖理事長の辞任を発表した。

この事件は大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕された

大相撲の元幕内若ノ鵬をキッカケに実施された

抜き打ち検査で露鵬と白露山に陽性反応を示し

JOC公認の最高機関でも陽性反応を示していた。

これにより北の湖理事長は責任を取り辞任、

後任には武蔵川親方が就任する事態になった。
薬物汚染が相撲界まで蔓延っていたのには驚いたが、

それ以上に責任逃れとも取れる発言に終始した

北の湖理事長並びに薬物をやっていた

露鵬と白露山の言い訳には国民も呆れた事だろう。

昨年のリンチ事件も完全解決しない中で、

横綱朝青龍の素行をどうこう言う以前に

こういう問題の方が余程朝青龍問題以上に問題だろう。

薬物汚染については私自身とても厳しい姿勢で

あるゆえ解雇当然!

やった本人は永久追放当然!

というのが私の見解だ。

問題は彼らが何処で大麻を吸っていたかだろう。

場所を突き止めて悪の組織を早急に壊滅させ逮捕してほしい。

これ以上の犠牲者が出ないために・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。
mixiチェック