29日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、

5対7で阪神が巨人の追い上げをかわして逃げ切った。

試合は阪神先発下柳投手、巨人先発金刃投手の投げあいで始まり、

初回に阪神が5番林のタイムリーで先制すると

6番関本選手のタイムリー2ベースで2点を追加した。

その後阪神は3回から6回まで小刻みに点を重ねたが、

7回に巨人も8番坂本選手の2点タイムリー、

1番亀井選手のタイムリーで1点を上げて、

9回にも2点差まで追い上げたが逃げ切られた。

これで巨人は大事な阪神3連戦の初戦を落とした。
これだけ小刻みに得点を重ねられると

さすがに打線が好調でも厳しい。

終盤は先発よりいい投手が出てくる阪神だけに

どんなにリードされても

6回まで2点差でないと逆転はほぼ絶望的だ。

ある程度CS進出の目処が見えているとはいえ

阪神や中日相手には大敗する姿は見せたくないところでもある。

救いは終盤に追い上げる粘りが出てきた事だ。

それがこの試合で今後に繋がるだけに

最後まで諦めない戦いをリーグ戦残り試合で継続してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。