26日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

7対3で巨人が初回に阿部捕手の凱旋復帰祝いの3ランで

勝負を決めて快勝した。

試合は巨人先発内海投手、

横浜先発吉見投手の投げあいで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスの2点タイムリーで先制すると

6番阿部捕手の3ランなどで一挙6点を先制する。

しかし横浜は4回に5番吉村選手の2点タイムリー、

5回には4番村田選手のタイムリーで追い上げたが、

巨人は先発内海投手が5回を3失点で抑え、

その後2番手越智投手、3番手山口投手、4番手豊田投手、

最後は抑えのクルーンが抑え勝利した。

これで巨人は2連勝で最下位横浜相手に

阪神を追撃する3連戦としたいところだ。
阿部捕手が五輪での悔しさを抱えて戻ってきたが、

その分をペナントレースで取り替えそうという気持ちが

強くなった事が繋がった3ランだったと感じる。

阿部捕手も五輪では思うような活躍もできず、

韓国戦では最後の打者となっただけに

その悔しさがこれからの飛躍となればいい。

先発内海投手は調子が悪く5回3失点で降板したが、

せめて6回まで投げてもらわないと

QSにすらならないので踏ん張ってほしいところだ。

戦力が各チーム揃ったところで

終盤のリーグ戦の戦いも激しくなるだけに

9月いかに勢いをつけていくかで

10月の戦いも見えてくるので

10月の戦いを視野に戦ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。