25日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、

6×対5で巨人が最終回に2点差を大逆転して

サヨナラ勝ちを収めた。

試合は巨人先発尚成投手、

中日先発中田投手の投げあいで始まり、

両チーム無得点で迎えた5回中日が2死満塁から

2番荒木選手のタイムリー2ベースで3点を先制すると、

3番李炳圭のタイムリーで1点を追加した。

巨人も6回に6番古城選手のタイムリーで1点を返すと、

8番坂本選手の2点タイムリーで1点差とした。

しかし中日は9回に1点を追加し

そのまま逃げ切ろうとしたその裏巨人は3連打で1点を返すと、

4番ラミレスの併殺打でチャンスを潰したが

6番古城選手のサヨナラタイムリー2ベースで

巨人は劇的な逆転勝利となった。

これで巨人は貯金を再び10に戻し五輪後の逆襲にかける。
中日が抑え不在という事もあったけれど、

総力戦を制しての勝利で次の横浜戦へ弾みを

つける勝利になった事は間違いない。

五輪の主力はまだ戻らない巨人だが、

五輪での失態は12球団が総力を上げて

盛り上げていかなければならないので

最後まで白熱した試合をしてほしい。

今年の尚成投手はここ1番のところで総崩れするケースが

目立つだけにもう少し踏ん張らないとなかなか勝ち数が伸びない。

打線も日替わりな面も多く固定されない事と

故障者の状況もあり苦しいが

最低でも2位は確保してCSに進出したいので

何としても2位を死守だ。

残りのリーグ戦で少しでも首位阪神を追ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。