18日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

6対7で巨人がラミレス、小笠原選手のホームランなどで逃げ切った。

試合は横浜先発那須野投手、

巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、

初回に巨人が2番岩館選手の内野ゴロで先制すると、

3回には4番ラミレスの特大3ランで、

5回には3番小笠原選手のホームランなどで7点を奪った。

しかし横浜も8回までに1点差と迫ったものの、

最後は抑えのクルーンが抑え逃げ切った。

これで巨人は連敗を2で止めた。
北海道での2連戦を連敗した巨人は横浜戦で

その負け分を取り戻す必要があるだけに

ひとまず初戦を取れたのは大きい。

上原投手と阿部捕手の出場が決まった

巨人は戦力的にはそれほど大きなダウンはないだけに

7,8月戦線でどれだけ週間勝ち越しを続けられるか?

貯金を重ねていかなければ当然阪神は見えないし、

中日を振り払えない。

横浜相手の場合は勝ち越しは絶対と

考えていく必要はあるだろう。

打線が復調してきた事でようやく貯金を重ねる体勢が

整っただけに下位相手には確り勝ち越して活きたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。