13日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

巨人が3番小笠原選手の3試合連続ホームランで

勝利し横浜戦3タテを達成した。

試合は巨人先発バーンサイド、横浜先発ウッドの先発で始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手の2ランで先制すると、

先発バーンサイドが5回まで無失点の好投をする。

6回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで

追加点を上げた巨人は上原、豊田、

そして抑えのクルーンに繋ぎ完封リレーで逃げ切った。

これで巨人は最下位横浜相手に確り貯金を稼ぐ事に成功した。
下位から確実に貯金を稼ぐ事で本来の戦いを

取り戻しつつある巨人はクルーン、豊田、上原投手の

4連投の代償は払ったが大きな3タテとなった。

ただ無失点のバーンサイドをピンチを迎えたから

交代というシーンについては

こういう使い方をするがゆえに投手陣は

追い詰められているムードがあるという事は

警告したおきたいところだ。

1点を与えられないムードを作るより

先発に3点を与える気持ちで送り出して上げるほうが

先発投手は失点止む無しのシーンでも

1点を与える投球をする事ができる。

今の起用では2対0でも前進守備みたいなムードに

なっているだけに1点を与えて最少失点に

抑える気持ちを持ってほしい。

それがこれからの戦いのテーマとなるだろう。

次は札幌で2連戦だけに確り

5割だけはキープしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。