27日広島市民球場で広島対巨人戦が行われ、

6対1で広島が20歳の前田健投手の好投で

巨人打線を抑え、巨人は貯金0となった。

試合は広島先発前田健投手、

巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、

2回に広島が6番シーボルのタイムリーで1点を先制すると、

3回には4番栗原選手の3ランで主導権を握った。

投げては先発前田健投手が巨人打線を

阿部捕手のホームランの1点の3安打に抑えて

巨人は成す術なく敗れた。

これで巨人は再び貯金を失った。
交流戦で折角取り戻した貯金をリーグ戦再開後

すぐに使い果たしてしまった。

グライシンガーばかり攻められない部分もあるが、

打線が阿部捕手以外にほぼ沈黙では

さすがにどうする事もできない。

最も今季の巨人は愚策ばかりでチャンスを潰したり、

無策で敗れる試合が多過ぎる。

1番に由伸選手を起用しているようでは

打つ以外策なしと思われても仕方ないし、

客観的に観ても何をしたいのか良くわからない何?打線だ。

色もない策もない打線と酷評される状況では

活きのいい投手を攻略できなくても仕方ない。

プレーオフ戦線に残るためにもここが踏ん張りどころだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。