21日東京ドームで巨人対福岡ソフトバンクの試合が行われ、

3×対2で巨人が9回2アウトから追いつき

延長12回リードを許した最終回に劇的な

逆転サヨナラで交流戦優勝へ望みを繋いだ。

試合は巨人先発グライシンガー、

福岡先発杉内投手の投げあいで始まり、

初回に福岡が3番松中選手の犠牲フライで先制すると

その後巨人は1番由伸選手が1,3,5,8回と

全て出塁してチャンスを演出するが

2番以下が尽く凡退し9回2アウトまで追い込まれたが、

9回坂本選手の代打大道選手が起死回生の同点ホームランで

試合は振り出しに戻った。

延長12回福岡が7番松田選手のホームランで

勝ち越されたが最終回っ巨人は無死2,3塁のチャンスに

2番木村選手の逆転タイムリーで劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

これで巨人は交流戦初優勝を今日の試合に全て掛ける。
9回2アウトまでは完全に杉内投手に抑え込まれた。

ただ唯一救いだったのが先発グライシンガーが

7回まで1失点でゲームを作り、中継ぎ陣が踏ん張った事だ。

これが9回土壇場の同点劇、

12回の逆転サヨナラ劇に繋がった。

試合的には劇的だが、

内容としては正直9回2アウトまでお粗末という内容だ。

それだけ杉内投手が良かったという事だが、

打線として攻略の糸口が見出せないのは

まだまだ戦いの形が見えないという事だろう。

明日で交流戦最後だが交流戦優勝で後半戦へ弾みをつけてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。