18日東京ドームで巨人対オリックス戦が行われ、

2対1で巨人が由伸選手のタイムリーなどで

上げた2点を守り切り今季初の貯金1とした。

試合は巨人先発バーンサイド、

オリックス先発オルティズの投げ合いで始まり、

3回に巨人ば1番由伸選手のタイムリーで先制すると、

4回には3番小笠原選手のホームランで追加点を上げた。

その後巨人が継投策で繋ぎ最後は抑えのクルーンが締めて

巨人は今季初の貯金1とした。

これで巨人はようやく5割以上の戦いができるようになった。
開幕3連敗以来5割が遠かった巨人だが、

交流戦でようやく貯金1まで浮上した。

とにかく開幕で躓いた事が全てだっただけに

これから戦力が戻ってくる事を念頭に置きながら戦える。

由伸選手の復帰後初タイムリーと少しずつだが

復調してリーグ戦再開から全快してほしい。

あとはこれに上原、木佐貫投手らが戻ってきてくれれば

先発陣は固まるだけにそれまで我慢の戦いをしながら

貯金を増やしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。