3日京セラドームでオリックス対巨人戦が行われ、

8対3でオリックスが終盤に大量得点を奪い勝利した。

試合はオリックス先発近藤投手、

巨人先発内海投手の投げあいで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスの内野ゴロの間に先制するが、

その裏オリックスが3番カブレラのホームランで先制する。

その後両チーム無得点で進んだ

6回に8番日高選手のタイムリー2点を勝ち越すと、

8回には一挙5点を奪い試合を決めた。

巨人も最終回に6番谷選手のホームランで

2点を返したが及ばなかった。

これで巨人は泥沼の借金生活定着寸前となった。
1,2番が代わった途端出塁率が落ちて得点力も低下する

状況ではさすがにクリーンナップが

頑張ってもどうする事もできない。

特に中継ぎ陣が使い過ぎの傾向もあり、

今季あまり登板していない福田投手と林投手を

投入したが両投手が打ち込まれる状況では

中継ぎ陣もまだまだ整備不足といえる。

亀井選手の怪我が大きいとはいえ

これだけ1番を打てる選手が不在も痛い。

それでもクリーンナップは組めるだけに

今いるメンバーで1番を打たすなら

やはり谷選手か清水選手になるのでは?

下位打線を打つ選手はそれなりにいるわけだから

まず上位打線が出塁できなければ

ラミレスがいくら打っても破壊力がない。

ラミレスが守らないで済む

パリーグの本拠地でこのありさまでは・・・

これ以上負けると今季5割復帰はほぼ絶望的な

状況になるだけに交流戦5割は何としても死守してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。