18日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

6対3で巨人がラミレスの3ランなどで

同一カード3連敗を阻止し借金3で

交流戦に突入する事になった。

試合は巨人先発木佐貫投手、

広島先発ルイスの投げあいで始まり、

初回に巨人が4番ラミレスの3ランなどで4点を先制するが、

2回に広島が7番小窪選手のタイムリー2ベース、

3回には9番ルイスのホームラン、

5回に3番アレックスのタイムリーで1点差とするが、

その後投手陣が踏ん張り、

8回に代打谷選手の2点タイムリーで

突き放し最後は抑えのクルーンが抑え連敗を止めた。

これで巨人は同一カード3連敗は間逃れ、

交流戦で借金返済を目指す。

苦しい交流戦までの前半戦だったが、

怪我人が多かったからとかいうより、

チームバランスが悪くなった事で思うように

戦えなかったというのがここまでの戦いだった。

どのチームも苦しいのはわかるけれど、

巨人の場合は選手がある程度揃いながら

勝てない日々が続いただけに、

これは選手がいないといういい訳は通用しない。

1,2番は亀井、坂本で固定され、

3,4番は小笠原、ラミレスで返す

パターンは確立されたものの、

投手陣は結局最後までローテーションが固定されず、

中継ぎ陣も思うように編成できない。

この中で交流戦どう巻き返すのか

期待して交流戦の戦いを見守りたいと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。