17日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

延長10回5対8で広島が土壇場で

クルーンを攻略し延長戦で勝ち越した。

試合は巨人先発グライシンガー、

広島先発篠田投手の投げあいで始まり、

3回に広島が3番アレックスの2塁ゴロを

セカンドゴンザレスが悪送球して先制を許す。

しかし巨人も4回に5番阿部捕手の2ランで逆転に成功するが、

5回に8番倉捕手のホームランで同点に追いつき、

6回に6番シーボルの2ランで勝ち越した。

しかし巨人もその裏6番ゴンザレスの犠牲フライ、

7番谷選手のタイムリーで同点に追いつき、

7回には5番阿部捕手のタイムリーで勝ち越した。

しかし土壇場9回に抑えのクルーンが捕まり、

2番東出選手に痛恨のタイムリーを

打たれ同点に追いつかれる。

延長戦になり広島が4番栗原選手の2ランなどで

3点を上げて勝負あった。

これで巨人は週間負け越しが決まり、

借金生活に定着寸前で交流戦を迎えることになった。
頼みのクルーンが5月に入ってから

調子が落ちているのは痛いが、

先発のグライシンガーの不調も最後まで響いた試合だった。

クルーンやグライシンガーの調子が悪い時もあるので

一概にはいえないが、

彼ら以外の先発、中継ぎが良くないのが

接戦を制す事ができない1つの原因でもある。

レフトの守備力低下が最大の要因でもあるが、

ここまでリード面や守備面でマイナスになるとは

首脳陣も計算できなかった?とは私は言わさない。

今の野球はある程度の守備力がないと

いくら投手陣が良くても投球幅が狭くなり、

弱点を徹底して狙われるのが今の野球だ。

ゆえに内野は1,3塁を除いて

全てのポジションでは

それなりの守備力を求められる。

ラミレスでは肩も標準以下、守備範囲は狭い、

守備力も低いとなれば当然標的の対象だ。

今の巨人が4番の打撃の守備がアキレス腱を

握っているだけにあまりにも痛すぎる。

これで借金4となった巨人はここで踏ん張れるか?

3タテを食らうと厳しい交流戦となるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。