15日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

2対3で巨人が8回に4番ラミレス、

5番阿部捕手のタイムリーで逆転に成功し

同一カード3連敗を阻止した。

試合は横浜先発三浦投手、

巨人先発内海投手の投げあいで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで

1点を先制するが、

横浜は3回に4番村田選手bのタイムリーで同点に追いつくと、

6回にはまたも4番村田選手のホームランで勝ち越しに成功する。

このまま逃げ切ると思われた8回に巨人は2死1,2塁から

4番ラミレスのタイムリーで同点にすると、

5番阿部捕手のタイムリーで逆転に成功し、

最後は抑えのクルーンが抑え3タテを阻止した。

これで巨人は交流戦前の借金返済に望みを繋いだ。
少ないチャンスをものにした結果

かろうじて逃げ切った試合だった。

左のエース内海投手が投げる時には

なるべく早い段階で援護点がほしいところだが、

思うように打線が繋がらない。

ただこういう試合では

1回に対して最少失点に抑える事で逆転のチャンスが広がった。

下位横浜に負け越しを屈したが、

ホーム広島戦で挽回すれば借金返済が可能なので

前回のお返しをしてほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。