13日長野オリンピックスタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

4×対3で横浜が土壇場9回に追いつき

延長10回サヨナラ勝ちを収めた。

試合は横浜先発ウッド、

巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、

初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリーで

1点を先制すると4回には4番ラミレスの2ランで

2点を追加し優位に進める。

しかし横浜は7回に4番村田選手の2ランで1点差にすると、

9回に巨人抑えのクルーンを攻めて、

6番吉村選手のタイムリーで同点に追いつき、

延長10回に2番仁志選手のサヨナラタイムリーで

逆転負けを屈した。

これで巨人は再び5割復帰に失敗した。
9回までリードしてクルーンを起用した以上

この敗戦は仕方ない敗戦だ。

追加点を奪えなかったのは確かに痛いが

両チームともチャンスはそれほど多くなく、

少ないチャンスをそれぞれ活かして

得点を奪った訳だから結果的にホームの横浜に

利があった試合だった。

またも5割復帰に失敗したが、

週間勝ち越しを目指していけば良いので

とりあえず横浜戦勝ち越しを目指していけばいい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。