10日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、

5対4で巨人がラミレスの決勝タイムリーで

勝利し9連戦の勝ち越しを決めた。

試合は巨人先発野間口投手、

中日先発吉見投手の投げあいで始まり、

初回に巨人が2番坂本選手のホームランで先制すると、

2回には8番脇谷選手のタイムリー2ベースで1点を追加し、

4回には1番亀井選手のタイムリー3ベースで2点を追加した。

しかし中日も5回に7番李炳圭のタイムリーで1点を返すと、

6回に4番ウッズの2ランで1点差とし、

8回に代打デラロサのホームランで追いついた。

しかし巨人は8回に4番ラミレスのタイムリーで勝ち越し、

最後は抑えのクルーンが抑え連敗を阻止した。

これで巨人は9連戦勝ち越しを決めて

借金返済へ一歩でも近づけたいところだ。
序盤から優位に試合を運んだが、

中盤で追いつかれる状況はまだまだ中継ぎ陣が

安定してないゆえともいえるけれど、

とにかく9連戦勝ち越しは確保した事を良しとしたい。

ここで連敗すると負け越しにリーチがかかり

チームが浮上するキッカケを失ってしまうところだった。

チームのアキレス腱となっている

ラミレスの決勝タイムリーで

ラミレスで拾う試合もあれば

ラミレスで落とす試合もあるだけに

全ては4番次第の感じもある。

4番が打っても守備を突かれると勝てないし、

逆に打たないとこれまた勝ちに繋がらない。

チームは次第ラミレス次第の状況に陥っている中でも

何とか9回までリードで持ち込めば

クルーンが控えるだけに8回まで何とか先発、

中継ぎ陣の踏ん張りも必要だ。

とにかく明日の勝ち越し最大のポイントになるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。