9日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、

4対7で中日が4,5回に集中打で内海投手を攻略し勝利した。

試合は巨人先発内海投手、中日先発川井投手の投げあいで始まり、

2回に巨人が8番加藤捕手のタイムリーなどで2点を先制する。

中日は4回に徹底したレフト打ちを敢行し、

4連打で5番和田選手、

6番仲村紀選手のタイムリーで同点に追いつく。

5回にはまたも5番和田選手のタイムリーに

6番仲村紀選手の2ランで内海投手をKOした。

巨人も4回に8番木村選手、

6回に小笠原選手のホームランで2点を返したが、

最後は抑えの岩瀬投手に抑えられた。

これで巨人は9連戦での借金返済はなくなり、

再び借金生活へ陥る崖っぷちに立った。
中日は巨人の攻略方法を完全に熟知しているというか、

データで丸裸にされている感じだ。

巨人は内海投手、中日は川井投手という

エースとローテーションの谷間という

本来なら巨人が優位に試合を進めなければならないところを

完全にエースが攻略され、

巨人は3回から8回までホームラン以外

走者を出せずでは大量得点は望めない。

それ以上に徹底的にレフトを狙われただけに

中日は巨人戦の攻略はとにかくレフトのラミちゃんを

集中して狙う事を徹底している。

ラミレスの守備力ではレフト前でも

2塁走者は3塁を平然と回ってくるし、

フライでもある程度強い打球ではラミレスは追いつけない。

その後の中継処理も上手くないので

大量得点を狙う絶好の狙い目だ。

4回5回の攻撃を観ても殆どは

レフトへの打球なだけに

これでは投手陣も投球の幅が狭まり厳しい。

連打の少ない巨人に対しては

とにかく四球さえ出さなければ

大量失点しないと中日は見透かしている感じもある。

ホームランではどう頑張っても

1試合2本位だから2失点で抑えられる。

結果的に中日の谷間の投手で

これでは中田や朝倉が登板したら殆ど勝ち目はない。

間違っても3タテを食らったら借金生活まっしぐらなので

今日の試合は何としても取らなければならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。