5日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、

4対6で巨人が5回に一挙5得点を奪い

同一カード3連勝とリベンジした。

試合は東京ヤクルト先発石川投手、

巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、

2回に東京ヤクルトが6番ユウイチの

タイムリー2ベースで先制すると、

8番福川捕手のタイムリーで2点を先制する。

巨人は4回に4番ラミレスのホームランで1点を返すと、

5回には四球を挟む4連打で一挙5点を奪い逆転に成功する。

その裏東京ヤクルトは1点を返すが、

その後グライシンガーが8回まで無失点に抑えた。

最後は抑えのクルーンが反撃を1点に抑え

開幕戦のリベンジを果たした。

これで巨人は3位に浮上し借金返済に大手をかけた。
由伸選手が抜けた事で打線が

繋がるようになったのは皮肉だが、

ある程度主力が抜けて打線らしくなったのは

巨人にとっては5月攻勢といける状態になった。

5回に一挙5連打は4月には考えられなかっただけに、

メンバーを観てもようやく繋げる打線になった事が

この結果で証明された。

投げてはグライシンガーが安定した投球で8回まで投げ切り、

ここまでリードを守ってくれれば

クルーンが確り抑えてくれるので安心だ。

これで開幕戦のリベンジを果たしただけに

阪神戦で勝ち越して5割復帰と行きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。