1日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

0対6で広島が赤松選手の3試合連続ホームランなどで快勝し、

巨人は広島戦負け越し、5月も黒星スタートを切った。

試合は巨人先発木佐貫投手、

広島先発ルイスの投げ合いで始まり、

初回に広島は4番栗原選手のタイムリーで先制すると、

4回には1番赤松選手の3ランで主導権を握った。

巨人もチャンスは作るが、尽く一本が出ず、

このままルイスに完封を許した。

これで巨人は広島戦2カード連続負け越しを屈し

5月黒星スタートとなった。
3試合同じ選手にやられるのも問題だが、

それ以上に打線が相変わらず打点に逆戻りし始めている。

広島はいない選手の中で全員でカバーしようとしているが、

巨人は1人1人が何とかしようとしている。

これでは打線としては機能せず、

途切れ途切れになってしまう。

昨年は5番に二岡選手など繋ぎのできる選手を起用したが、

今季はラミレスが入った事で

ラミレスで止まってしまうケースも多く、

これがある意味打線の繋がりをなくしている。

繋がりを再びなくした打線は5月復調するのか?

5月も苦しい戦いが続きそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。