30日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

3対4で広島が終盤に逆転し、

巨人は中継ぎ陣が打たれ連勝はならなかった。

試合は巨人先発尚成投手、

広島先発大竹投手の投げあいで始まり、

広島が初回に1番赤松選手の2試合連続の

先頭打者ホームランで先制し、

2回にも5番前田選手のホームランで追加点を上げる。

巨人は3回に2番亀井選手のホームランで1点を返すと、

7回にまたも2番亀井選手の2ランで逆転に成功するが、

8回に巨人は4番手山口投手が捕まり、同点にされると、

9回に5番手門倉投手が打たれ、逆転負けを食らった。

これで巨人は4月借金3で折り返した。

やはり豊田投手不在の穴が出てしまったというか、

もっと打線が援護しないといけないというべきだろう。

今日の試合の得点は本来繋ぎの2番である

亀井選手の2本のホームランと

打った亀井選手は褒められるが、

肝心の打線は5番以下ノーヒットと

これでは3点が限度になってしまう。

山口投手も4月はいい働きをしたが、

まだまだ経験が必要な投手なので

この試合で打たれた事は今後に繋がる。

問題は同点にされたあとの投手リレーが苦しい事だ。

この試合では尚成投手を5回で諦めたが、

5回まで2失点しかしておらず、

あと2イニング投げさせておけば

藤田投手を使わずに済んだだけに、

ただですらクルーンまで繋ぐ課題があるのに、

その課題をクリアせずこのような采配をすれば

当然相手は同点にさえ追いつけばと思わせてしまう。

ベンチワークの早期決断が敗戦へと近づけてしまった。

4月は打線不調で終わったが、

5月には打線が復調し投手陣を助けてほしいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。