24日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

6対2で巨人が小笠原選手の3ラン、

阿部捕手の今季初ホームラン、

坂本選手の4安打で打線が繋がり

今季初の同一カード3連勝とした。

試合は巨人先発尚成投手、

横浜先発那須野投手の投げあいで始まり、

初回に巨人が無死1,2塁から

3番小笠原選手の3ランで3点を先制する。

横浜は4回に内野ゴロの間に1点を返すが、

6回に6番阿部捕手の今季初ホームランで

追加点を上げると、

8回には5番ラミレスのホームランと、

1番坂本選手のこの試合4安打目になる

タイムリーでダメ押しした。

投げても先発尚成投手が7回2失点に抑え、

最後は抑えのクルーンが締めて

今季初の同一カード3連勝とした。

これで巨人は借金早期返済へ阪神戦勝ち越しに挑戦する。
坂本選手を1番に置いて2番に谷選手を

起用してからようやく打線らしくなってきただけに

1,2番は当分このまま固定した方が良いだろう。

この1,2番なら作戦が立てやすく、

1発を狙わない選手と、

坂本選手の思い切ったバッティングが

打線の繋がりを良くさせている。

当初は8番で起用したが、

今の打線を考えると1番は由伸選手より

坂本選手を起用して経験を積ませた方が

チームのためにもなるし、

先々3番を打つ事になっても1番での経験が活きてくる。

3番の小笠原選手もレギュラーを獲得した当初は

2番で起用され引張る打撃でチャンスを

拡大させた役割を担っていただけに

1番も出塁の大切さを学ぶ上ではいい打順だ。

繋がりの出てきた打線はようやく

先制、中押し、ダメ押しという理想的な点の取り方が

できるようになってきた。

問題はこれが阪神戦でも確り継続できるか?

先発が7回以上投げる事もそうだけれど、

中継ぎに不安を残す以上打線が久保田、藤川投手を

出させる前に決着させる事ができるかが

阪神戦勝ち越しのカギを握る。

打線の継続と奮起に期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (ワンテーマ21)


こころの夢 野球―読売巨人軍ファーム物語