23日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

6対2で巨人が7回に一挙4点を奪い

逆転勝利で2連勝とした。

試合は巨人先発グライシンガー、

横浜先発寺原投手の投げあいで始まり、

5回まで両投手の好投で0行進が続くが、

6回に横浜が4番村田選手の

2点タイムリー2ベースで2点を先制し、均衡が破れる。

しかし巨人もその裏3番小笠原選手の

タイムリーで1点を返すと、7回に寺原投手が突如崩れ、

9番谷選手のタイムリーで同点に追いつくと、

1番坂本選手の逆転タイムリーで逆転に成功し、

代打木村選手のタイムリー2ベースで

さらに2点を追加した。

8回にも7番阿部捕手のタイムリーでダメ押しし、

最後抑えのクルーンが締めて見事な逆転勝利を飾った。

これで巨人は横浜に2連勝とし

阪神戦前に連勝で弾みをつけたいところだ。
また1日で逆戻りするかと思われた打線だが、

四球からのチャンスを見事に活かして逆転勝利に成功した。

クルーンしか頼れる中継ぎがいないので

先発をなるべく引張りたいところだったが、

今日の試合は何とか乗り切った。

2番手西村投手の防御率が8点台なので

不安になるのも無理ないが、

中継ぎ陣の不安を打線でカバーしたいが、

これまで殆ど繋がった試合の翌日は

殆ど”打点”に逆戻りというケースが続いた。

しかしこの試合は打線の巡りも良かったが、

1発の打者ではなく、谷、坂本、木村選手と

繋げる選手で繋いだ事が逆転に繋がった。

これがクリーンナップで1発狙いの選手なら

繋がらなかっただろう。

このように打線には1発ばかりの選手では

得点できるものではなく、

繋げる選手を多く配置する事で大量得点に繋がっている。

一時期の横浜や阪神がその典型で、

繋ぎこそ大量得点が最も生まれ易く勢いが続きやすい。

今季初の同一カード3連勝で弾みをつけたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。