22日宇都宮清原球場で巨人対横浜戦が行われ、

6対1で巨人が内海投手の好投で逃げ切り連敗を止めた。

試合は巨人先発内海投手、

横浜先発土肥投手の投げあいで始まり、

3回に巨人が1死満塁から5番ラミレスのタイムリーで

1点を先制すると、7番ゴンザレスの

2点タイムリーで3点を先制する。

5回に横浜は1点を返すが、

その裏巨人が7番ゴンザレスの

タイムリー2ベースで1点を追加し、

8回にも2点を追加し試合を決めた。

内海投手は8回途中まで安定した投球で2勝目を上げた。

これで巨人は連敗を2で止めた。
今の投手陣だと先発がいかに長く投げるかに掛かっている。

豊田投手が離脱した事でクルーンまで

繋ぐ投手が不在な以上先発を引張るだけ

引張って行くしかない訳で、

今日の内海投手のように安定した投球が求められる。

打線は左投手相手という事で2番に谷選手

8番に木村選手が入ったけれど、

ただ対左という感じで入れたとしか感じないが、

2番に谷選手が入る事で打線が繋がっただけに、

昨シーズンのように2番谷選手の起用を

考えても良いのでは?と思う。

いずれにしても先週借金が増えてしまっただけに

なるべく今週は借金を返してしまいたいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。