18日広島市民球場で広島対巨人戦が行われ、

1対5で巨人が若手1,2番のチャンスメークで

勝利し尚成投手が今季初勝利を上げた。

試合は広島先発大竹投手、

巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、

4回に巨人が9番尚成投手のフライを

ショートとレフトが交錯して落球し

ラッキーな先制点を上げると、

2番亀井選手が走者一掃のタイムリー3ベースで

3点を先制する。

広島もその裏に4番栗原選手のタイムリーで1点を返す。

6回に広島は大チャンスを迎えるが、

2番手西村投手が踏ん張り得点を許さないと、

7回に巨人が8番古城選手のタイムリー2ベースと

1番坂本選手のタイムリーで2点を追加し、

その後巨人はクルーン不在の中門倉、山口、

最後は豊田投手が抑えた。

これで巨人は4番に由伸選手を据えて、

1番に坂本選手を配置する布陣が機能し

当分この打線で行きそうだ。
新1,2番が打線を活気付けた。

由伸選手が打率こそ良くないが、

ホームランを量産しているという事で

久しぶりに4番に座った事で

1番に抜擢された坂本選手が見事期待に応えた。

それに負けじと亀井選手も奮起し

若手1,2番が打線の流れを良くさせた。

1,2番タイプとは言い難いけれど、

由伸、谷選手の1,2番より作戦を立て易い事で

走者を1塁に置かない限りはフリーで打たせ、

それ以外でバンド、エンドランの作戦を用いる事で

2人をこれから活かしたいところだ。

4番に由伸選手が入った事で

打線として下位打線への流れも良くなったので

由伸選手の4番が打線としてチームとして

機能し易いかもしれない。

ラミレスの4番だと途中交代というネックもあるし、

守備で大きな穴が開くためバランス

としてよくなかったが、

由伸選手が座った事でノーヒットだったけれど

打線としては機能した。

投手陣については尚成投手が

今季初勝利を上げた事で、

これから調子を取り戻してほしい。

ただ中継ぎ陣については

総力戦みたいになってしまったが、

クルーン不在の間は豊田投手まで

全員で繋ぐ事になるだろう。

若手1,2番で浮上のキッカケを掴みたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (ワンテーマ21)


こころの夢 野球―読売巨人軍ファーム物語


ジャイアンツ栄光の5000勝


優勝 読売ジャイアンツ2007 ~セ・リーグ制覇への軌跡