12日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、

4対8で東京ヤクルトが4番リグスの

逆転3ランで試合をひっくり返した。

試合は巨人先発尚成投手、

東京ヤクルト先発リオンの投げあいで始まり、

2回に東京ヤクルトが6番宮本選手の

犠牲フライで先制するが、

4回に5番李の内野ゴロの間に同点に追いつくと、

5回には4番ラミレスの3ランで逆転に成功する。

しかし6回に東京ヤクルトが5番ガイエルの

ホームランで焦ったベンチが尚成投手を

諦め2番手西村投手に交代すると流れが

東京ヤクルトに傾き、

7回に1点差にされそうになると

セットアッパー豊田投手を起用するが、

4番リグスに逆転3ランを浴びた。

9回にも2失点を献上し、

最後は抑えの林昌勇に抑えられた。

巨人は焦りから連勝が3でストップし

中継ぎに課題を露にした。
それほど焦る場面でないにも関わらず

6回途中で尚成投手を交代した事が完全に裏目に出た。

走者を置いたならともかく、

ホームラン直後でまだ2点差あった事を踏まえたら

6回まで投げさせても良かったはずだ。

巨人の場合は中継ぎが弱く、

豊田、クルーンへ繋ぐには7回まで投げ切らないと苦しい。

豊田投手の登板した場面もベンチが焦ったばかりに

1イニング早く登板させたツケだ。

リード云々ではなく、

こういう場面を作ってしまったベンチのミスと

言った方がわかり易いだろう。

中継ぎが思うように整備できない中で

勝ちパターンはあるのだから

時期的にもまだ焦って先発を

見切りつける時期ではない。

借金を早期に返したい焦りが生んだ采配ミスだった。

打線も1イニングしか爆発せず繋がりのない

打線のままなのでやはり打線を分断されてしまうと

殆ど反撃の糸口が見えてこない。

打線の構成もこのままだったら繋がりのないまま

1イニング1発だけ打線になるだろう。

とにかく焦っても仕方ない時期なので

コツコツ借金返済に集中してほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。