9日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

4対1で巨人が4番ラミレスの2ランなどで快勝した。

試合は横浜先発那須野投手、

巨人先発内海投手の投げあいで始まり、

序盤は両チームとも攻略できず0行進を続けるが、

6回に巨人が4番ラミレスの2ランで先制すると、

7回にはエラーから8番木村選手の

タイムリーなどで2点を追加した。

横浜も8回3番金城選手のホームランで1点を返すが、

最後は抑えのクルーンが抑えた。

これで巨人は引き分けを挟んで

2連勝とし借金返済へ着実に動き出した。
レフトを狙われた感じだったが事なきを得た。

打線はわずか4安打と湿り勝ちのままだったけれど、

最終的には1発がものを言った試合となった。

1発を秘めている打線の場合1発で流れを

変える事もできる訳だけれど、

効果的な1発というより

出会い頭の1発という印象も拭えず、

打線そのものはまだまだエンジンが掛からない状態だ。

投手陣についてはとにかく打線があてにならないだけに

7回まである程度最少失点で抑える必要があるものの、

7回まで投げ切れば豊田、クルーンのリレーが

使えるだけに先発は7回まで試合を作ってリードする事が

当面の目標となる。

クルーンは開幕から好調を維持しているだけに

クルーンまで繋ぐ継投がこれからの課題にもなる。

豊田投手以外では藤田投手が7回を任せられるようなら

投手陣はさらに楽になるので、

リリーフ陣の確立が借金返済の近道となるだろう。

打線の復調を期待しつつ借金返済をしてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。