20日セントラルリーグクライマックスシリーズ

第2ステージ巨人対中日

第3戦が東京ドームで行われ、

2対4で中日がウッズの3ランで巨人に3タテし

2シーズン連続日本シリーズ出場を決めた。

試合は巨人先発尚成投手、

中日先発中田投手の投げ合いで始まり、

2回に巨人が5番二岡選手のホームランで先制する。

しかし中日は4回に1死1,2塁から

4番ウッズの3ランで逆転し主導権を握る。

巨人もその裏3番小笠原選手の

タイムリーで1点を返すが、

7回に中日が8番谷繁捕手のホームランで突き放した。

8回途中から中日は万全を期して抑えの岩瀬投手を

投入しピンチを凌ぐとそのまま9回も抑え

中日が2シーズン連続日本シリーズ進出を果たした。

巨人は巨大戦力を持ちながら

クライマックスシリーズ初の3連敗という

不名誉な記録を残して今シーズンの戦いが終了し、

原監督の監督責任が問われる事になった。
名監督と迷監督の差!

このシリーズを一言で言い表せば

この表現がピッタリだろう。

圧倒的戦力を持ちながら先発3本柱が4番の一発で沈んだ。

さらに中日のこれぞプロのいう守備を魅せたのに

対して巨人はプロとは程遠いミスの連発、

さらに落合監督の絶妙な采配と決断力に対して、

不可解な采配でチームとして機能させることが

できなかった原監督と戦力で圧倒しながら

落合采配に沈んだ。

とにかくシリーズが始まる前から

落合監督の決意が凄かった。

シーズン多くの怪我人続出で

苦しい戦いを強いられたが、

落合監督は一切選手の責任にせず、

けじめとして坊主になりファンに謝罪するという

過去例のない形がナインを1つにした。

それがシリーズになり選手たちは

落合采配に見事マッチした。

しかも中日は福留選手を欠いていただけに

その分を全員でカバーした。

北海道日本ハムが小笠原選手、岡島投手、新庄選手を

失ってもシリーズを制したが、

中日も主力を欠いてシリーズを制した事は

かなり評価されるだろう。

この試合においてもウッズさえ

抑えれば確実に勝てた試合を

抑える事ができなかった。

そして確実に1点を取る野球をできなかった。

そして3本柱の内海、木佐貫、尚成投手が

打ち込まれては巨人にとって勝利できたとしても

4戦目で落としただろう。

これにより原監督では短期決戦に勝つための戦いが

できない事が証明され、

これから落合監督のように坊主になるぐらいの謝罪が

必要とされるだろう。

最後は昨年の再現シーンを見ていた感じだった。

中日ドラゴンズの皆様日本シリーズ進出

おめでとうございます。

昨年忘れてきた日本一を今度こそ取ってきてください。

期待しております。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

落合戦記―日本一タフで優しい指揮官の独創的「采配&人心掌握術」


ドラゴンズ検定


中日ドラゴンズ70年史


巨人軍5000勝の記憶 永久不滅版―番記者コラムと紙面検索でたどる全勝利 1936-2007 DVDデータベース・ブ