19日セントラルリーグクライマックスシリーズ

第2ステージ巨人対中日

第2戦が東京ドームで行われ、

4対7で中日が下位打線と

1,2番の攻守に渡る活躍で勝利し、

2連勝で王手をかけた。

試合は巨人先発木佐貫投手、

中日先発憲伸投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が5番二岡選手のタイムリー2ベースで

1点を先制するが、2回に中日が4連打で1点を返した。

4回には1死1,2塁から1番荒木選手の

タイムリー2ベースで勝ち越し、

2番井端選手の犠牲フライで2点をリードした。

7回には5番李の2点タイムリー3ベースと

8番谷繁捕手のタイムリーで3点を追加したが、

その裏巨人は8番ホリンズの3ランで2点差とするが、

9回に抑えの上原投手が6番李に

痛恨のホームランを浴びて力尽きた。

最後は抑えの岩瀬投手が抑え

巨人は2連敗で崖っぷちに立たされた。
確かに初戦を落として焦るのはわかるが、

だからといって大きなリスクを

犯さなければならなかったのか?

と問われると完全にベンチのミスという場面が多すぎた。

4回の守備についてだけれど、同点で1死1,2塁、

打者は長打の少ない荒木選手の場面でベンチは

何を思ったか外野に前進守備を指示した。

この場面は走者も谷繁捕手と憲伸投手で

その前にバスターを決められたが

定位置で守っても十分ヒットで防げる場面だ。

これが9回ならこの守備もわかるが、

4回なら例え憲伸投手とはいえ攻略不可能ではない。

1点を与える勇気があれば2点目を与えない選択が

できた場面で荒木選手に外野を抜かれた。

普通のポジションなら走者も自重し

3塁ストップをしただろう。

守備位置からしてベンチのミスは明らかだ。

次の井端選手の打球は谷選手のファインプレーで

抜かれなかったが1点を

与える怖さが招いた2失点だった。

そして次に言いたいのは完全に

中日に揺さぶられている事だ。

憲伸投手のバスターも無理にバントと決め付けなければ

併殺打に打ち取れたが決め付けた事で

ピンチを広げてしまった。

アウトを確実に取る事を心がけていけば

大怪我をせずに済んだ場面で明らかに

普段の野球ができていない証拠だった。

1つのアウトを取ろうとするあまり

1つのアウトを取れない。

しかも最悪のバスターで

サードが抜かれて守備を崩される。

バスターを1つでも警戒すれば防げた場面だ。

次に決定的に言いたいのは

監督が完全に平常心じゃない事だ。

原監督が昨日の敗戦で平常心と言ったそうだが、

このどこが平常心なのか?

これは完全に焦りではないか!

平常心でいられたなら

冷静に落合監督の采配に対応し

揺さぶられない指示をすればいい。

岩瀬投手の影に怯えてしまったのかもしれないが、

投手起用においても後先考えなさ過ぎる起用に

左投手を2人しか入れていないのに

何故5回から林投手を使ったのか?

確かに故障上がりで本調子ではなかったが

これにより後は経験不足の山口投手しかいなくなり、

落合監督の采配の幅は確実に迷いがなくなった。

7回の中村紀選手へのバント指示も

憲伸投手へのバスター指示があったから

内野陣が完全にバント守備をできなかったし、

ウッズだから刺せると油断した事も

判定でセーフを招いた。

全ては4回の攻防で巨人は落合監督の采配に

かく乱されてしまった。

そして最終回の上原投手起用についても

確かに勢いをつけるという点では

間違いとは言わないが、

序盤で投手を使い過ぎたため

あとの投手が野間口投手、吉武投手しかいなかった。

延長戦の想定を全くしていないという事だ。

本来なら5,6回に吉武、西村投手を

起用すれば経験豊富な豊田投手を

9回まで控えさせる事ができたはずだ。

目先の起用で後手後手に回り

上原投手が最後に打たれては

もはや巨人に反撃の力はないに等しかった。

この2連敗の差は何か?

と問われたら一言で言えば経験と言いたい。

勢いという点については申し訳ないが

北海道日本ハムが確り準備して

最後に勝ち抜いた事を証明した以上

その事は言い訳でしかない。

落合監督は日本シリーズで

自らのミスで日本一を逃した経験を

このCSで教訓となって投手起用でも

迷いなく岩瀬投手を8回途中でも

2試合連続で起用した。

巨人は原監督は4連勝しかした経験がなく、

伊原ヘッドもコーチとしては数多くの経験をしたが、

監督としては4連敗の経験しかしていない。

簡単に言うと接戦の勝ち方を経験していないという事だ。

短期決戦では少ないチャンスを

確り活かせるかがポイントになる。

長いシーズンなら長打で大量得点の試合で乗り切れるが、

短期ではそれができない。

いかに1点を取るか?

それができるのが中日でそれができないのが巨人だ。

残念だが巨人の戦力なら

1点を取る野球ができれば

鬼に金棒の戦力なだけに、

接戦の勝ち方を知らない監督がいる事が巨人の悲劇だ。

ここでも接戦の勝ち方に対する勉強を

全くしてこなかった原監督の勉弱ぶりを露呈し、

要らぬ焦りだけが目立っただけだった。

これで中日は3戦目は山井投手か山本昌投手で

4,5戦目に中田投手、朝倉投手を

万全を期して準備するだろう。

巨人は明日は何としても尚成投手で

勝たなければシーズンは終わるだけに

果たして逆転3連勝ができるか?

3戦目の注目はそこになるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

巨人軍5000勝の記憶 永久不滅版―番記者コラムと紙面検索でたどる全勝利 1936-2007 DVDデータベース・ブ


巨人軍論 ――組織とは、人間とは、伝統とは (ワンテーマ21)


ドラゴンズ検定


中日ドラゴンズ70年史


落合戦記―日本一タフで優しい指揮官の独創的「采配&人心掌握術」