18日セントラルリーグクライマックスシリーズ

第2ステージ巨人対中日

第1戦が東京ドームで行われ、

2対5で中日がウッズの2ランで巨人を沈黙させて先勝した。

試合は巨人先発内海投手、

中日先発小笠原投手の投げ合いで始まり、

中日は初回から内海投手の乱調でチャンスを作るが

2回とも潰した。

しかし3回に2死満塁から8番谷繁捕手の

2点タイムリーで先制する。

4回には2死1塁から4番ウッズの2ランで

内海投手はKOされた。

巨人も5回に2番谷選手のホームラン、

6回には8番ゴンザレスの内野ゴロの間に1点を返した。

しかし中日は8回に2番井端選手のタイムリーで

1点を追加すると8回途中から

抑えの岩瀬投手が登板し

巨人打線を完全に封じ込めて初戦を落とした。

巨人は大事な初戦を経験不足と

先発の読み違いで痛い敗戦となった。
いきなり先発の読みが外れた点で完全に

先発を朝倉投手か中4日で川上投手が

登板してくるものと踏んでいたのだろう。

しかしふたを開けたら巨人ベンチは

ビックリの左の小笠原投手と

中日先発陣の中でも5番手に入るかの投手が

登板と完全に想定外だった。

これは例え右が来ても、

左が来ても対応できる打線なら問題ないが、

今年の巨人打線は7,8番を左、右によって

入れ替えているため

左なら矢野選手、ゴンザレス先発、

右なら清水選手、脇谷選手の先発でやってきた。

中日投手陣のデータからも10勝以上上げている

川上、中田が既に先発しており、

初戦では朝倉か川上を予想していたが見事に外れた。

外れただけならまだ良いが、

ここで初回に2死満塁まで持ち込みながら

得点できなかった事で完全に中日に主導権を握られた。

いわば初回で流れが決まった試合だったという事だ。

それに1番打たせてはならなかった

4番ウッズに止めを刺される2ランを浴びるようでは

一体何を研究していたのか?と言いたくなる。

中日は右しか考えていない

巨人の情報を見逃さず見事に裏をかいた。

もちろん強力打線を抑える研究も忘れていなかった。

巨人も2番谷選手がホームランを打ったけれど、

本当は2番打者がホームランを打ってしまうようでは

3、4番を孤立させてしまうのに等しい。

3,4番の前の1,2番は中日にとっては

出塁されるより、一発を打ってもらい

3,4番で走者なしなら御の字と見越していた。

現に1,2番を抑えれば

例え小笠原、李を迎えても

1発では1点にしかならない。

対して中日は1,2番でチャンスメークをして

3,4,5番で一掃する事に徹した結果

ウッズの打順で走者を置くシーン作られた。

対して巨人は1,2番が谷選手の1発だけでは

3,4番の威力が発揮しない。

中日にとって1,2番さえ抑えれば

大怪我をしないと1,2番対策を徹底した

結果が初戦の結果の差となった。

中日は先発は5回まで持てばと

最初から考えていただろうと思われるほど

6回からリリーフを投入するなど、見切りは早かった。

巨人は逆にエースという事で内海投手が乱調にも関わらず

4回まで引っ張った事で

ウッズに止めを刺される失態を演じた。

短期決戦では悪いと判断したら

すぐ代える決断力が必要だ。

落合監督はその決断力を過去の失敗を糧にし

悪いと見るや即次の投手に交代し、

8回途中でも抑えの岩瀬投手を投入し

勝利への執念をみせた。

対して巨人は9回に敗戦処理と思われても仕方ない

門倉投手を投入するなど、

本当に初戦を取る気持ちがあったのなら

林投手を投入した次に豊田投手を投入して

諦めていないというポーズを見せるべきだった。

これは完全に指揮官が勝負を捨てた決定的証拠だ!

勝負の執念の差と短期決戦での失敗の差が

初戦に大きく出た一戦だった。

リーグ優勝で浮かれていたが、

シーズン1位は本当の奪回ではない!

真の奪回は日本シリーズに勝ってこそ奪回だ!

これでシーズン1位は何だったんだ?

CSなんてという言い訳が聞こえてきそうだが、

それを言われたくなければ北海道のように

結果を示せば良い!

本当の戦いは今日始まった!

それを忘れないでほしい。

明日は憲伸投手か朝倉投手が登板してくるが

どちらが来ても強敵だ。

まさか山本昌投手もという可能性もあるが、

誰が来ても次は絶対負けられない戦いだ。

奪回へ厳しいスタートとなった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

優勝 読売ジャイアンツ2007 ~セ・リーグ制覇への軌跡


ジャイアンツ栄光の5000勝


落合戦記―日本一タフで優しい指揮官の独創的「采配&人心掌握術」


中日ドラゴンズ70年史


ドラゴンズ検定