13日セントラルリーグクライマックスシリーズ

第1ステージ中日対阪神戦がナゴヤドームで行われ、

7対0で中日が初戦を制し第2ステージへ大手を掛けた。

試合は中日先発憲伸投手、

阪神先発下柳投手の投げ合いで始まり、

初回に中日が3番森野選手のタイムリーで先制すると、

4番ウッズの2ランで3点を先制する。

阪神5回まで憲伸投手の前に走者すら出せず、

中日は6回に2番井端選手のタイムリー、

3番森野選手の3ランで4点を上げてダメ押しした。

投げては中日は先発憲伸投手が7回無失点で抑え、

8,9回を6人の投手の調整登板で逃げ切った。

これで中日は第2ステージへ大きく前進した。
やはりこの一戦で今シーズンの現状が出てしまった。

中日はエース憲伸投手が不調だったものの

それでもそれなりの成績と安定があり

バランスを崩す先発陣でなかったのに対して

阪神はJFKの抑えは万全なものの、

肝心の先発陣の故障と絶不調である程度

先発が5回まで持たないと苦しい展開を強いられる。

それがこの一戦で大きく出てしまった。

短期決戦に弱いと言われる両チームだが、

接戦に持ち込めないと苦しいのは両チームとも同じ、

ただ先発の差が全てを決めてしまった。

打線は両チーム共不調と故障を抱えて戦ったが

阪神は5回まで何もできずこの時点で勝負があった。

第2戦では中日絶対優位なものの

阪神は1度リードを奪えば5回からでも

JFKを投入してくるだろう。

中日は序盤でリードを奪えるかが

勝負の鍵を握る事になるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

落合戦記―日本一タフで優しい指揮官の独創的「采配&人心掌握術」


ドラゴンズ検定


中日ドラゴンズ70年史


強竜伝説~中日ドラゴンズ・70年の軌跡~


中日ドラゴンズ公認 ドラゴンズ優勝記念盤 感動の軌跡2004


中日ドラゴンズ選手名鑑 強竜大百科2007