24日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、

5対7で中日が巨人を振り切り

リーグ優勝へのマジック7を点灯させた。

試合は巨人先発木佐貫投手、

中日先発山井投手の投げあいで始まり、

初回に中日が5番森野選手の2点タイムリーで先制すると、

巨人は2回に5番二岡選手の内野ゴロの間に1点を返す。

しかし中日は4回に2点を追加し、

巨人もその裏4番李の2ランで追い上げるが、

5回にも両チーム1点ずつを取り合った。

しかし中日は7回に代打上田選手の

タイムリー3ベースと1番井端選手の内野安打で

2点を追加して巨人を引き離し、

最後は抑えの岩瀬投手が6番阿部捕手に

ホームランを浴びたが

そのまま逃げ切りリーグ優勝への

マジックナンバー7を点灯させた。

巨人はこれでリーグ優勝の自力が消滅した。
福留選手だけでなく、

この試合は中村紀選手も欠いて

苦戦を強いられた中日が

下位打線と1,2番の踏ん張りで接戦をものにした。

戦力的に優位な巨人が戦力で苦しい中日に

競り負けるようではプレーオフで勝つ事は

かなり難しい事をこの試合で痛感させられた。

この試合の決定的差は連続ヒットで

繋がった中日に対して

巨人は打線が分断され反撃に

転じても要所を確実に抑えた。

一見打ち合いだが、

下手な長打が打線を分断してしまい

反撃の目を潰してしまった。

逆に中日は主軸を欠いても

主軸に頼らない戦いを既にしているので、

下位打線からでも繋ぎ、

4番が不発でも7得点を叩き出した。

1位が至上命令の巨人だが、

星勘定を確りしてきた中日は

全てをこの3連戦に焦点を定めてきた。

これは昨日今日ではなくシーズンが始まる前から

既に見定めていた訳で、

他の試合を落としても大切な試合は確実に取る。

これで落合監督の強かさを垣間見る事になった。

これで巨人のリーグ1位は苦しくなっただけに

最低でもあと2試合は確実にとっておかないと

負け数で3位転落すらまだある。

巨大戦力を持ってしても

落合監督の采配で寄り切られる寸前に

追い込まれた巨人・・・

改めて落合監督の凄さを思い知った。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。

コーチング―言葉と信念の魔術


落合戦記―日本一タフで優しい指揮官の独創的「采配&人心掌握術」


勝負の方程式