1日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

2対5で巨人が二岡、小笠原選手の

アベックホームランで勝利した。

試合は横浜先発寺原投手、

巨人先発木佐貫投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番二岡選手に2ランで先制すると、

その直後4番小笠原選手のホームランで3点を先行する。

横浜もその裏3番金城選手のホームランで1点を返すが、

6回に無死満塁から6番阿部捕手の犠牲フライと

7番清水選手のタイムリー2ベースで試合を決めた。

投げては先発木佐貫投手が7回1失点で抑え、

最後は守護神上原投手で締めた。

これで巨人は再び首位に浮上した。
打線が序盤で援護してくれると今の投手陣なら

十分期待に応えてくれるだけに、

初回の3点は木佐貫投手にとってプラスになった。

6,7回までしか投げれない事は問題ではあるものの、

今の後ろには林、豊田、上原投手の3枚が

確りしているので6回までいければ

木佐貫投手でも十分勝つ事ができる。

抑え不在の時は木佐貫投手がいくら6、7回を好投しても

勝ち星が付かずに終わったけれど、

ここまで9勝できたのは確りした抑えがいるからこそである。

これでわかるように抑えを確り

構築すれば簡単には連敗しないし、

長いイニングを投げれない投手でも勝つ事ができる。

3連戦の場合は確実に勝ち越しを決めていけば

良いので取れる試合を手堅く取ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。