31日長野オリンピックスタジアムで横浜対巨人戦が行われ、

5対1で横浜が工藤投手の好投で勝利した。

試合は横浜先発工藤投手、

巨人先発金刃投手の投げ合いで始まり、

初回に横浜が4番村田選手のタイムリーで先制する。

巨人も2回に8番木村選手の

タイムリー3ベースで同点に追いつくが、

3回に横浜が5番佐伯選手の

タイムリー2ベースで勝ち越しに成功し、

7,8回に駄目押しして勝負を決めた。

工藤投手は6回途中1失点で抑え巨人から

2週連続勝利を上げた。

これで巨人は工藤投手に再び白星を献上する失態を演じた。
勝手を知る相手とは言っても、逆に巨人の手の内を

知り尽くしている工藤投手に

2週連続白星献上の失態を演じる事になったのは

フロント編成と原監督の大失態ゆえ

なるべくしてなった結果だ。

しかも3併殺でチャンスを潰している以上

完全に工藤投手に弱点を突かれたも

同然で8安打を浴びせながらチャンスを尽く潰した。

終盤は成す術なく3者凡退と完全に封じられた。

金刃投手もこれからが試練だけに頑張ってほしいが、

打線がこうも見殺しにしてはどうする事もできない。

金刃投手はこれから2桁への正念場だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。