27日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、

3対0で巨人が内海投手の今季初完封で3連勝とした。

試合は巨人先発内海投手、

広島先発長谷川投手の投げ合いで始まり、

初回に巨人が3番二岡選手の2ランで先制すると、

先発内海投手は4回まで無安打に抑える好投、

その好投に7回に7番ホリンズのホームランで

追加点を上げると、そのまま内海投手は9回を投げ切り、

わずか2安打完封勝利を上げた。

巨人はこれで3連勝とし再び首位固めに入った。
今季開幕投手を務めた内海投手が今季初完封と

完封勝利は年に何度も上げれるものじゃないけれど、

それでも年に1度はやっておきたい。

それに見事に応え、

今季最高の投球で広島打線をわずか2安打に封じた。

ここまで順調にきていた内海投手もチームが

不調になると3失点以内でも勝てない試合が続いた。

しかし気が付くと2桁勝利まであと1勝と

左のエースとして相応しい貫録がこの頃漂い始めてきた。

エースが投げたら主力が打つ。

この鉄則さえあれば十分15勝以上

勝つ事は可能になるだろう。

中日と横浜の調子が今一だけに

ここで引き離しておきたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。