26日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

4対2で巨人が由伸選手の日本記録更新となる

先頭打者ホームランなどで横浜に勝ち越した。

試合は巨人先発尚成投手、

横浜先発マットホワイトの投げ合いで始まり、

初回に巨人が1番由伸選手の日本記録となる

先頭打者ホームランで先制すると、

5回に8番木村選手のタイムリー2ベースで

2点差としたが横浜は6回に4番村田選手、

5番佐伯選手の連続ホームランで同点に追いついた。

しかし巨人はその裏6番阿部捕手、

7番ホリンズの連続タイムリーで勝ち越しに成功し、

投げては2番手豊田投手、

最後は抑えの上原投手で逃げ切った。

これで巨人は久しぶりに同一カード勝ち越しを決めた。
まず由伸選手の日本記録更新となる

先頭打者ホームランは個人的には

あまり重視しない記録であるものの、

1番打者でなければ達成できない記録という事で、

連続打数安打に続いて由伸選手の勲章が加わった。

投げても尚成投手が自己新記録となる

11勝目を上げて巨人としては

7月1番良い形で勝つ事のできた試合だった。

先発投手が7回まで投げ切れば勝利が見えてくるだけに、

これからの戦いはいかに先発が7回まで投げる事が

できるかがカギとなる。

巨人は7月負け越しが決まったものの

今週は久しぶりの週間勝ち越しを目指して

盛り返してほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。