25日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、

13対7で巨人が由伸選手のプロ野球タイ記録の

先頭打者ホームランなど4本のホームランで乱打戦を制した。

試合は巨人先発木佐貫投手、

横浜先発寺原投手の投げ合いで始まり、

初回に横浜が3番金城選手の2ランで2点を先制するが、

その裏巨人は1番由伸選手の

先頭打者ホームランで反撃を開始し、

4番小笠原選手の2ランで逆転に成功する。

3回に追加点を上げると、

4回には由伸選手のこの日2本目のホームランで

さらに追加点を上げる。

終盤の7回に3点、8回には5番李の3ランで

横浜に止めを刺した。

9回に反撃にあったものの逃げ切り連敗を止めた。
1,2番がヒットを打つと止まらないのが

今季の巨人打線であるけれど、

2番谷の4安打、1番由伸選手の2本のホームランと

これだけ打ちまくれば2桁得点を十分取れる

打線だけにバランス的にはこの打順は

1度火を噴いたら手が付けられない打線だ。

ただ接戦になった時には子細工の利かない打線なので

接戦の時谷、二岡にバントを指示するのが

若干勿体ないのが難点だ。

結果を欲しがるばかりに無用な

代打を送ったりしているが、

下手に弄らない方が良いだろう。

普通に戦えば5割は割らないだけに

今後の原監督の采配次第で

浮上するかしないかが決まるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Ranking ブログランキングに参加しております。